30代シングル女子のシンプルライフ

アラフォー世間知らず女の暮らしかた改造計画。

市販の無添加お菓子を探してみた①【ウォーカー・ショートブレッド】

私はお菓子スイーツなど、いわゆる甘いものに目がない。

もうそんなに若くないし、これからの健康のことを考えて、何度もお菓子断ちを試みてみたけど志半ばで挫折。

今の私は、完全にスイーツの断捨離をする気にはなれないみたいだ。

ならば、せめて身体に少しでも良さそうなものを、なるべく添加物などが控えめのものを選びたいと考えるようになった。

無添加で安心安全のものをと思うと、本来は手作りするのが理想的なのかもしれない。

でも現実は、なかなかそうもいかない。

というわけで、市販のお菓子で無添加のお菓子やスイーツがないか探してみることにした。

本日はそのひとつをご紹介してみよう。

 

ショートブレッドといえばコレ!イギリス生まれのウォーカー

今回ピックアップするのは、ウォーカーの『ショートブレッド』

カルディコーヒーファームなどの輸入菓子を取り扱っているお店でよく見かけるので、ご存知の方も多いだろう。

ウォーカーシリーズは英国・スコットランド生まれのお菓子で、その名は40か国以上に知れ渡っており、世界中で支持されているとのこと。

ウォーカーのショートブレッドはチョコチップ入りなどいくつか種類があるが、今回はその中でも添加物が少ないフィンガータイプに注目してみた。

f:id:karingoya:20181025162902j:plain

見た目はあのカ○リーメイトにそっくり。

さっそく原材料をチェックしてみると…

f:id:karingoya:20181025162953j:plain

原材料名:小麦粉、バター、砂糖、食塩

以上!!

正真正銘の完全無添加。

1本取り出して実際に頂いてみると、まずバターの濃厚な風味がふわっと香る。

そしてサクサクと小気味いい食感。

素材の味をダイレクトに感じることができる、文句なしの美味しさだ。

この安定感は半端じゃないな。

意外とずっしりしていてボリュームがあるので、一口ずつしっかり噛みしめて食べるとけっこう満足感がある。

甘さはかなり控えめなので、おやつだけでなく、ちょっとした軽食代わりにもイケるかもしれない。

無添加ならではの優しい味わいに舌鼓

海外のお菓子は大味だったり甘すぎるといったイメージが先行しがちだが、こちらのショートブレッドは、日本人にも比較的親しみやすい味わいになっていると思う。

何より無添加なので、お子様でもどの世代でも安心して食べることができるだろう。

巷によくあるバタークッキーよりも食べ応えがあるので、1本だけでも十分お腹が満たされる。

ただやはりバターなどが使われている分カロリーが高いのと(100gあたり533kcal、ちなみに1本20g程度)お値段も若干高めなのがネックではあるけど。

まあ無添加のものは、どうしても値が張りがちだから仕方が無いかな。

フィンガータイプのほかにも、丸い形やかわいい動物の形をしたタイプのものもあり、原材料もほぼ同じみたいなので、好みに合わせて選ぶと良さそう。

まだ食べたことのない方は、ぜひお試しあれ。