カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

サグーワークスの編集者テストを受けてみたら想像以上の大苦戦で泣きそうになった話

f:id:karingoya:20190328004456j:plain

タイトルでだいたいお察し頂ける通り、先日私は、サグーワークスで募集をしている『編集者(エディター)』の仕事に応募してみた。

ご存知ない方もいるかもしれないので一応簡単に説明しておくと、サグーワークス とは、Webメディア関連の記事作成などを請け負っているサービスのこと。

こちらでは随時、在宅ライター編集者校正・校閲の仕事の募集を行っている。

サグーワークスのライターのなかでも最上位ランクで、なおかつ単価が高いとも言われている【プラチナライター】 は割と有名だし、「私プラチナライターですけど~」なんていう優秀な方がいらっしゃるかもしれない。(私は過去にテストを受けたが、あっさり不合格に終わった)

にもかかわらず、何を血迷ったか、プラチナライターとはまた別の編集者のテストを受けるという荒行に出てしまったのだ。

今日はその一部始終を、つらつらと語っていきたいと思う。

 

編集者に応募した切実な理由

まず、そもそもなぜこの編集者というお仕事に応募してみようと思ったのか、主な理由は2つある。

  1. 将来のために、ブログアフィリエイト以外の収入源をつくっておきたいと思ったから。
  2. 文章を書かなくて良いので、ライターよりも楽そうな気がしたから。

2つ目の動機が不純すぎて自分でもどうかしてるなと思うけど、それはひとまず置いといて、ひとつ目の理由は私自身にとって切実な問題だ。

ここ最近のGoogleの大変動がWeb界隈で多大なる影響を及ぼしていることは、皆さん周知の通りだと思う。

私もブログやサイトのアフィリエイト収入で自立するのを目標のひとつとしていたが、最近の動向を見る限り、ブログ収入だけで食べていくのは今後ますます厳しくなっていくだろうという危機感をいよいよ抱き始めたので、アフィ以外に何か他の収入源を持っておきたいと考えていたところだった。

そんな矢先に今回の募集の件を知り、編集者なら今までのブログ経験が活かせるかも!ということで、挑戦してみることにしたのだ。

サグーワークスの編集者はどんな仕事をするの?

サグーワークスの編集者の仕事は、出版社などでよく見かけるような編集の仕事とは少々異なる。

主な仕事内容は、クライアントの要望に沿って、ライターが執筆する記事のタイトルや見出し、段落構成などを考えるといった、いわゆる記事の企画を行うのがメイン。

クライアントやライターとは直接やりとりすることはないため、記事の企画を考える作業のみに集中できる。

締め切りはあるもののノルマはなく、頑張れば未経験でも月収30万円以上の報酬が目指せるのだとか。

これは在宅の仕事としてはなかなか良い条件だと思うけど、どうなんだろう。

『編集者テスト』を実際に受けてみた感想

編集者募集の応募フォームからエントリーした翌日、『編集者テストのご案内』がメールで届いた。

そこにはテストの概要説明とテストの内容が書き込まれたファイルが添付されており、概要を確認しながら課題を進めていく。

で、実際に私が受けてみた感想は…

 

『めっっっっっちゃ難しいやん!!』

 

はい、シンプルにこの一言。

文章を書かなくていいし楽勝でしょ!などと軽く考えてしまった件について、この場をお借りして心からお詫びしたうえで訂正したい。

テストの詳しい内容に関しては、残念ながらここで明かすわけにはいかないのだが、記事の企画をするというのは、

  • 記事のテーマやメインとなるキーワード、文字数など、クライアントの意向を最大限にくみ取る能力
  • ターゲット像(ペルソナ)を明確にして、読者を満足させる記事を考えて形にする能力
  • 文字だけでライターに対して的確に指示出しをするための文章力

これらのスキルが少なくとも確実に求められてくる。

記事の構成もキーワードも記事タイトルも、何もかも全て自分で好きなように決めて自由に書ける個人ブログなんかとは、まったくワケが違うのだ。

記事の骨組みをつくり上げるのって想像以上に難易度が高いんだということを、ひしひしと痛感。

特に私の場合は、課題のテーマが今まで一度も書いたことが無いジャンルばかりだったので、予備知識がほとんどなくてかなり苦戦した。

何度も音を上げそうになりながらもどうにか課題を仕上げ、提出することに成功。

審査結果が出るまでは1~2週間掛かるとのことなので、あとは天に任せるのみ。

果たしてどうなることやら…。

ブロガーならチャレンジしてみる価値はあるかも?

というわけで、サグーワークスの編集者テストについて、長々と綴ってきた。

当ブログの読者の皆さんは、日頃からブログを書いていて記事の構成などを考案する力に長けている方が多いと思うので、この編集者の仕事が合うという人が一定数いそうだなと推察する。

なのでもしご興味があれば、腕試しだと思って一度挑戦してみてはいかがだろうか。

テストを受けるだけならタダだし、ライターとしてのスキルアップも期待できると思うので。

あ、ちなみに、パソコンにOfficeのソフト(WordとExcel)がインストールされていない人は、このテストを受けることができないので、それだけ注意!

 

編集者テストを受検してみる➡➡編集者・取材ライター募集!