30代シングル女子のシンプルライフ

アラフォー世間知らず女の暮らしかた改造計画。

充電式湯たんぽを楽天で購入。電気代が安いから懐まで温かくなる

f:id:karingoya:20181128154242j:plain

昔ながらの定番あったかグッズ『湯たんぽ』

湯たんぽをお布団の中に入れておくと、眠る頃にはちょうど良い具合にあったかくなってて、ぬくぬくと気持ちが良いものだ。

でも、使うたびにやかんでお湯を沸かしたりなど、地味に手間がかかるのが難点でもあった。 

しかし!今の時代は違う。蓄熱式の湯たんぽが出現したからだ。

温めれば何度も使えるという経済的なところなどが、多くの支持を集めている。

蓄熱式にはレンジであたためるタイプと、コンセントで充電するタイプがあるようだが、私は充電タイプのものをただいま愛用中。

これがけっこういい感じに活躍してくれているんだな。

 

楽天で購入した【2WAYあったか湯たんぽ】の実力は?

こちらが私が使用中の湯たんぽ。その名も【2WAYあったか湯たんぽ】。 

f:id:karingoya:20181128152846j:plain

湯たんぽとしてだけでなく、カイロや温熱ベルト代わりにも使えて多機能なところが良いなと思って、これに決めた。

湯たんぽ本体と保温袋と専用のベルト。あとは充電用のコンセントと説明書などが付属されている。

f:id:karingoya:20181128152914j:plain

重さは約1000g。1㎏入りで売ってる砂糖なんかをイメージすると分かりやすいかと。大きさも重さもだいたい同じような感じなので。

それでは、実際に使ってみるとしよう。

まずは、湯たんぽ本体をコンセントにつないで充電。

f:id:karingoya:20181128152939j:plain

一回の充電時間はおよそ10分と、意外にスピーディー。

充電が終わるとブザーを鳴らしてお知らせしてくれる。

これはとても親切な機能なのだが、コンセントを抜くまでずっと『ピーーーーー』っていう音が鳴り続けるので、少々うるさい。

「はいはい分かった分かった!今コンセント抜くから待って!!」と思わず言ってしまうぐらい耳障りw

なので、充電が終わったら速やかにコンセントから外すことを強くおすすめする。

使い捨てカイロと同じぐらいの熱さでホカホカになっているので、くれぐれも火傷には気を付けて。 

保温袋に入れるとこんな感じに。

f:id:karingoya:20181128153028j:plain

この袋はマイクロファイバーの生地になっているのかな?肌ざわりがふわっと柔らかい。

湯たんぽ本体のぷにぷにっとした感触と、カバーのふわふわ感が絶妙な触り心地を演出している。 

さらに、保温袋とは別についているベルトに入れてみると…

f:id:karingoya:20181128153210j:plain

f:id:karingoya:20181128153125j:plain

このような温熱ベルトに変身!

腰に巻いたりして腰痛対策に。お腹まわりを中心にあたためれば、冷え性の対策にもなりそう。

普通のカイロなどと比べるとやはり重量感があるので、これを巻きながら動くのはちょっときついかもしれないが、床に寝転がりながらおなかに当てたりしていると、逆にこの重みが心地よく感じられるから不思議。

電気代が安くてコスパの良さも文句なし!

1回充電すると、平均で3~6時間ぐらいあたたかさが持続する。

室温や使用条件によっても変わってくるようだ。

そして何よりも私が一番驚いたのが、電気代!

1回分の充電でかかる電気代は、たったの2円!!

なので、毎日使っても1か月で60円ほど?安い!

使用後の片付けも楽だし、コスパ・使い勝手ともに十分だ。

寒さが増す季節には、かなり重宝しそう。

私もこれからどんどん活用していきたいと思う。