30代シングル女子のシンプルライフ

アラフォー世間知らず女の暮らしかた改造計画。

冷凍おせちは解凍する方法を間違えるとまずい?おいしく食べるコツとは

f:id:karingoya:20181202233227j:plain

「来年のお正月のおせち料理、どうしよう?」と、そろそろ考え始める時期なのではないだろうか。

家庭で手作りするのも良し、デパートスーパーなどで予約するのも良し、最近はネット通販購入する人も多いのかもしれない。

市販されているおせちのバリエーションは年々豊富になっていて、定番のものはもちろんのこと、洋風や中華仕立てのもの、さらにはスイーツのおせちまで登場しているから驚きだ。

また、おひとりさまやおふたりさま世帯には嬉しい、少人数用のおせちも増えてきている。

こういった店頭や通販で売られているおせちは、あらかじめ冷凍されているものが多いものだが、冷凍おせちって美味しいの?と、ちょっぴり不安に思うことはないだろうか?

実はうちの家庭でも、冷凍おせちを購入して失敗した!と思う出来事が過去にあった。

 

冷凍おせちにまつわる痛い失敗談

かれこれ数年前の我が家のお正月の話。

とある百貨店で買った冷凍おせちを家族みんなで食べようとしたところ、解凍の仕方がどうも悪かったらしく、水っぽさが残って、全体的にベチャっとした食感のおせちになってしまった。

それはそれはお世辞にも美味しいとは言えず、百貨店クオリティの味の良いおせちを期待していただけに、正月早々残念な思いをした。

では、冷凍おせちを美味しく食べるためには、どうすれば良かったのか。

この記事を読んで下さっているあなたには同じ失敗をしてほしくないので、改めて調べてみた。

冷凍のおせちは解凍すると味が落ちる?

冷凍のおせち料理は、年末年始の需要期にあわせて、前もって大量に製造していることが多い。

消費者側としてはその品質面が心配になるものだが、近年は冷凍技術が発達し、作りたての状態で急速に冷凍することが可能なため、極端に品質が低下するということは少なくなっているようだ。

冷蔵や生おせちとは違って比較的賞味期限が長く、日持ちがしやすいというのも、冷凍おせちのメリットのひとつといえるだろう。

作りたての美味しさをギュッと閉じ込めた状態で手元に届くおせちを、そのまま美味しく頂くポイントとなるのは、ご家庭での解凍の仕方。

解凍が上手にできないと、せっかくの上質なおせちの味を一気に損なってしまうという悲しい事態にもなりかねない。

冷凍おせちのベストな解凍方法は?

では、どのように解凍すれば美味しく頂けるのか。

一番おすすめなのは、冷蔵庫で解凍する方法だ。

その理由は、冷蔵庫内の温度が5℃前後で一定に保たれているから。

常に同じ温度条件のもとでゆっくりと解凍されるので、品質の劣化を最小限に防ぐことができる。

その分、解凍時間が長めになってしまうが、食べる前日に冷蔵庫に入れておけば翌日にはちょうど食べ頃になっているので、そこまで大きな手間は掛からないかと思う。

この他には、涼しい室内などに置いて解凍することも可能ではあるが、温度が変化しやすい環境なので、解凍が上手に出来ないと味が落ちてしまう原因となるので、あまりオススメはしない。

真冬で寒い時期なので、常温で解凍しても良さげかなと思いがちだが、うちは正にこれを実行して失敗してしまったから…

できるだけ冷蔵庫を利用するのをおすすめしたい。

三段重などの場合は冷蔵庫に入らないこともあるが、一段ずつ分けるなど工夫して庫内に入れられると良いと思う。

おいしいおせちをみんなで堪能しよう

以上、冷凍おせちを美味しく食べるコツをお届けしてきた。

解凍する際は、一定の温度をキープする

温度管理こそが、美味しいおせちになるかどうかを左右するポイントになるだろう。

冷凍のおせちには、別添えのリーフレットなどに解凍のしかたなどが詳しく記載されていると思うので、それをきちんと守りさえすれば大きな失敗はしないだろうと思う。

年に一度の特別なひととき、美味しいおせちを大切な人達と笑顔で味わいたいものだ。