カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

お名前.comはドメイン更新期限日直前になるとメール攻撃がヤバいって本当?

f:id:karingoya:20181226233150j:plain

私はブログの独自ドメインを『お名前.com』でいくつか取得している。

その中にはバリバリ活躍しているものもあれば、数ヶ月使っただけで今はほぼ放置しているものも。

それで、先月末に更新期限を迎えるドメインがひとつあったのだが、今後特に使う予定もなく、更新する必要性を感じていなかったので、期限が切れるのをじっと待つことにした。

そしたら、お名前ドットコムからの容赦ないメルマガ攻撃がやってきて、私は辟易してしまったのだ。

今日は半分愚痴&クレームになってしまうかもしれないが、その一部始終を語っていこうと思う。

 

更新期限日の直前がマジでヤバかった

お名前.comは、ドメイン更新期限を知らせる通知メールが定期的に届く仕組みになっている。

だいたい半年前、3ヶ月前、1ヶ月前ぐらいのサイクルで届いていたのだが、これぐらいなら私も特に何とも思わず、普通にスルーしていた。

だが、更新期限日が近づいてくると、その様相が変わってくる。

更新期限まで1週間を切ったぐらいから、怒涛のメール攻撃がやってくるのだ。

こちらは、更新日2日前~の私の受信メールボックスのキャプチャー画像↓

f:id:karingoya:20181226221705p:plain

『もうすぐでドメインが失効しちゃうよ!』という通知のメールが、一日4~5通ぐらい立て続けに届くのだ。

しかも『今ならクーポンで割引になるよ!』とか、『更新してくれたらAmazonのギフト券を抽選でプレゼントしちゃうよ!』という勧誘付きで。

さらに、これだけでは終わらなかった!

ユーザー登録をした際に入力した携帯電話番号あてに、SMS(ショートメッセージ)まで届く始末。

f:id:karingoya:20181226222442j:plain

普段ショートメッセージなんてほとんど受信しないから、いきなり届くとビックリする。

しかしここまで来ると、もはやスパムじゃないか?

何としてでも更新させたいという魂胆が見え見えというか…

ドメインの更新猶予期限があった?

そんなメール攻撃にウンザリしていたら、ドメイン更新期限日が過ぎていき…。

よし、これでやっとメルマガ攻撃から解放される!と思っていたら、更新期限の翌日になっても同じような状況が続いた。

そして、このようなメールまで届いたのだ。

f:id:karingoya:20181226223234p:plain

なぬ!?『更新猶予期間』だと??

そう、お名前ドットコムは、更新期限日当日にスパっと廃止になるわけではなく、更新期限を過ぎても速やかに復旧できるように、一定の猶予期間が設けられていることがあるのだ。(ドメインの種類によって違うみたいだが)

おそらくこれは、諸般の理由でドメインの更新を忘れてしまっている人や、更新手続きが間に合わなかった人に対しての救済措置のようなものだろう。

でも、今後も更新する気がない私にとっては、不必要以外の何ものでもない。

というか、これからさらに1ヶ月近くもメルマガによる怒涛の更新催促が来ると思うと、さすがに耐えられない!と思ったので、メールの最下部に記載されている要領で『配信停止』の手続きをすることに。

f:id:karingoya:20181226225855p:plain

メール配信を停止してほしい旨を書き添えて、そのまま引用返信を行う。

すると数時間後に、配信停止手続き完了の通知が届いた。

あれ、意外とあっさり解除してくれたのね。

まあとりあえず、連日続いていたメルマガ攻撃はこれにて終息。

やっと私にも平和な日々が戻ってきた…ってのは大袈裟過ぎるかもしれないけど、結果的には最初から配信停止の手続きをすれば良かっただけの話だったな。

ドメイン更新は更新期限の直前に行った方が良いかも?

というわけで、お名前.comのドメイン更新期限日直前はヤバイぜ!というのを延々と綴ってきた。

あの通知メールの多さはちょっとどうかな…とも思うが、ちょっとズルい考え方をするならば、ドメインを引き続き更新したい場合も、更新期限日ギリギリまで待った方が実はお得になるかもしれないとも思った。

だって、クーポンでいくらか割引になったりなどの特典があるってことだから。

何だか前もって真面目に更新手続きしている人の方が損しているような気がして、少々腑に落ちないシステムだなと思うけど、それがお名前ドットコムのやり方だというなら仕方がない。

お名前.comユーザーの方々に、こんなこともあるんだよっていうのを少しでも知って頂ければと思う。