カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

南青山の児童相談所建設問題がもはや大喜利と化している件。じゃあ何を建てればご満足頂けるの?

『南青山』というキーワードが、ここ最近メディア各所を賑わせている。

もう皆さんとっくにご存知の事だろうが、東京都内の一等地といわれる港区南青山に児童相談所建設する計画が上がり、一部の住民から猛烈な反対意見が出ている件について、全国区で議論を呼んでいる。

news.nifty.com

「南青山のブランドイメージにそぐわない」

「土地の価値が下がる」

こういった反対意見が続々と挙がっているようだ。

「児童相談所に入所した子どもが、周りの幸せな家族や着飾った人たちを見てどう思うのか。そんな状況を生み出したら、その子どもがかわいそう」というニュアンスの発言をしている人もいたようだが、どんだけ上から目線なんだよ、失礼にも程があるわ!と私は憤りを隠せずにはいられなかった。

 

そもそも児相のことをよく知らないのでは?

その中でも特に信じがたいと思ったのは、反対派の女性の「刑務所とかそういうのを作るのに等しいと思う」という意見。

news.livedoor.com

あのー…もしや少年院か何かと勘違いしてません?

反対意見を出す前に、まず児童相談所のことをイチから勉強し直した方がよろしいのでは?

ほら、厚生労働省のホームページにきちんと載ってますし。

www.mhlw.go.jp

SNS上でもこの話題が沸騰していた

この件について、ネット上でも議論が過熱。

Twitterでは、南青山に児童相談所以外なら何を建てたいと思うか、さまざまな意見がツイートされていて、一時はトレンド入りするほどだった。

『#南青山に作ってほしい施設』『#南青山に建てたい施設』などのハッシュタグが挙がっていて、なかなか面白いツイートが並んでいる。

結構多かった意見は、ホームセンターとかディスカウントショップなどの庶民にはおなじみのお店。

なかには、同じ青山ということで洋服の〇山とか、コイン精米機とか自動販売機なんていう意見もあったりして、思わず笑ってしまったけど。

もしあなただったら、どんな施設を誘致したいと思います?

子どもを地域ぐるみで守り育てていくのが大人たちの努めでは?

f:id:karingoya:20181223235515j:plain

私は地方住みの人間なので、いわゆる南青山ブランドがどうとか全然存じ上げなかったし、なぜそこまで南青山エリアというステータスにこだわるのか、理解に苦しむ部分がある。

東京都内なら、高級住宅地なんて他にいくらでもあるだろうに。

今回の件を通して改めて分かったのは『それなりの地位を築いてきた富裕層と呼ばれる人でも、心が貧しい人もいるんだな』ということ。

いくらお金に困らない生活をしていても、そこには品性や教養らしきものが備わっておらず、人としての大きな何かが欠けている気がする。

ニュースなどの報道では、実質反対意見を言っている人が晒し上げになっていて、度々世間から批判の目が向けられているが、実際のところは児童相談所建設に賛成している住民も多くいて、やたら反対しているのは青山ブランドに強い憧れを抱いて他所から引っ越してきた人たちが大半だという話もある。

昔からずっと住んでいる生粋の南青山セレブの皆さんは、これぐらいのことでいちいち嘆いたり喚いたりしないし、至極寛容な考えをお持ちなのだろう。 

生まれ育った家庭環境がどうであれ、子どもには何の罪もない。

所得格差や教育格差が深刻な社会問題になっている今だからこそ、未来ある子どもたちを地域全体で見守り、皆で支えあって暮らしていけるような仕組みづくりをしていってほしいと私は思うのだが、これはただの理想論にしか聞こえないのかな。

南青山は『世界に発信していく街』らしいけど、今はとんでもないものを国内外に発信してしまっているような気がする。