30代シングル女子のシンプルライフ

アラフォー世間知らず女の暮らしかた改造計画。

獣になれない私たちは予想に反して鬱ドラマ?辛口な評価が多い理由を探る

f:id:karingoya:20181018161333j:plain

日テレ系の今期の水10ドラマ『獣になれない私たち』。

私は第1話を見逃したのだが、第2話から試しに観てみることにした。

初回は見ていて辛過ぎるという感想が多いようだったので、正直迷ったけれど。

初めて観た率直な感想は、「うーん…いろんな要素が詰め込まれ過ぎて、何を訴えたいのかよく分からんドラマだな」といった感じ。

 

登場人物がみんなクズキャラ?

ガッキーこと新垣結衣が演じる主人公が、常に笑顔を振りまき、どの場面でも気を遣いすぎて神経をすり減らしているキャラだということで、言いたいことを言えずに我慢してしまいがちな自分にも重なる部分がありそうだと思いながら観ていたけれど。

何故だろう?いまいち共感できるポイントが無かった。

主人公が有能なバリキャリタイプだからか?

元々は派遣社員で、そこから現在勤務している会社の正社員になったようだが、私はそんな能力を持ち合わせているわけでは無いし。

それに私がもしあの会社の社長や同僚たちに囲まれて働いていたら、ものの数時間で確実にブチ切れて、そのまま辞めていくと思う。

あんな理不尽な立ち位置で、自分を抑えてニコニコ振舞える自信など無い。

主人公は仕事が出来るんだから、何もあの職場にこだわらなくても、もっとまともな良い会社がヘッドハンティングでもしてくれそうなのに。

「恋がしたい」だの「他のひとを好きになりたい」だの言ってる時間がもったいないから、それよりもキャリアプランをもう少し考え直したほうがいいのでは?と所詮フィクションなのにも関わらず、自分のことを棚に上げてお節介なツッコミを投じてしまう。

 

その主人公よりも、まるで自分を見ているかのような親近感を覚えてしまったのが、黒木華演じる田中圭の元カノ。

仕事を探すと言いながら、実際はゲームや漫画に入り浸る毎日。

かといって、家事などを進んで手伝っている様子もない。

それでも強く咎めない元カレに、完全に甘えて寄生している。

さすがに元カレの家に4年も居座るというのは有り得ないでしょと思ったが、でも働くのに疲れていたときに彼の優しさにふれて、仕事を辞めて同棲まで始めた途端にガッキーとの関係が発覚してしまったら、あのような状態になってしまうのも分からなくはないかなとも思ったり。

おそらく働く気も元カレの家を出ていく気も更々ないんだろうなというのが節々から伝わってくるあたりが、妙にリアルで。

かつての廃人みたく過ごしていた頃の自分を見ているようだった。今も引きこもりなのに変わりはないけど。

これから立ち直れるのか、元カレとの関係性がどうなっていくのかが純粋に気になる存在だ。

しかし最近は親や身内ではなく、恋人に依存するタイプの実質ニートが増えているのだろうか。

結局『けもなれ』は恋愛ドラマ?何ドラマ?

前評判や予告などを見た限りでは、ガッキーと松田龍平との恋愛ドラマなのかな?と思っていたが、予想とはずいぶん違っていた。

お仕事ドラマとしてはあまりにもハチャメチャすぎるし、色々とっ散らかりすぎていて、ドラマの構成も気持ちの面もスッキリしない感じがする。

次回以降も観続けるか離脱するかは考え中。これから面白い展開になっていくのか否かが気になるな。