カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

インフルエンザに一度もかかったことが無い私が実践している予防法5選

この記事をシェアする

f:id:karingoya:20190131235148j:plain

毎年冬になると全国的に流行する『インフルエンザ』

特に2019年の年明けぐらいからは、過去最多クラスの勢いで猛威をふるっているとのことで、危機感を募らせている人も多いだろう。

だがこの私、何の自慢にもならないと思うけど、人生で一度もインフルエンザというものに感染したことが無い。

なので大変申し訳ないが、インフルエンザに罹った時の辛さというのが、正直なところ全く分からないのだ。

たまたま運が良かっただけだろうなというのは自覚しているし、今までかかったことがないからといって油断はできないというのも、一応心に留めているつもりだ。

ではなぜ今まで、インフルエンザの脅威から運良く逃れることができたのか。

もしかしたらこれがインフルエンザの予防・対策になっているのかも?と思われることを、試しにいくつか挙げてみたいと思う。

①外出時は必ずマスクを着用

冬場の外出時には、マスクの着用が必須!

ふつうに元気な時でも、予防のためにマスクを着けている。

私の場合は普段すっぴんでいることが多いので、ちょっと近所へ買い物に行くときなどはスッピン隠しにもなるからという理由もあるが。

でも電車の中とか人が沢山いるところに行くと、ゴホゴホと咳をしているのにマスクをつけていない人に必ずといっていいほど遭遇するから、そういう人が近くにいると、ものすごく不快感MAXになる。

だから防御の意味も含めて、マスクが欠かせないアイテムとなっているのだ。

②外出先から帰ったらまず手洗い・うがい

外から帰ったらカバンや上着を置いて、そのまま洗面所へ直行。

手洗いとうがいは、いつも入念に行っている。

若干潔癖症な面があるため、外出してきてから家で手を洗わずに過ごすというのがそもそも無理なので。

手洗いの際は、薬用のハンドソープを使用。

爪の間や手首など、隅々まで洗わないと意味が無いというのをテレビか何かで観たので、ゆっくり時間を掛けて洗っている。

一方、うがいは最初にクチュクチュうがいで口の中を軽くゆすいでキレイにしてから、紅茶などのお茶の出がらしやうがい薬などを使って、ガラガラうがいをする。

ガラガラうがいは、一回あたり15秒を目安に、ちょっと長めにやると効果的だと聞いたことがあるので、それを信じて忠実に実践している。

③スマホを除菌シートで拭く

これも私の中では必須項目。

家でも外出先でも肌身離さず持ち歩いているものといえば、携帯電話スマートフォンではないだろうか。

外出先でもメールやSNSをチェックしたり調べものをしたりなど、スマホを使う機会が多いので、知らぬ間に得体の知れない菌を家に持ち帰ってしまう恐れがある。

なので私は、外から帰ったらスマホの画面を中心にアルコールなどの除菌シートで拭くようにしている。

『スマートフォンにはトイレの便座の10倍以上の細菌がいる』なんていう、背筋が凍るような話を耳にしたことがあるので、手垢や指紋などの汚れとともに雑菌どもを撃退すべく、除菌に徹している。

最近のスマホや携帯は防水仕様になっているものがほとんどだから、除菌シートを使ったぐらいで壊れたりしないし、私も今のところこれで不具合が起きたことは無いので。

④部屋の湿度をチェックし、空気の乾燥を防ぐ

インフルの感染が広がる原因として挙げられることが多いのが、『空気の乾燥』

2019年は太平洋側を中心に記録的に降水量が少なくなっているため、特にインフルエンザウイルスが蔓延しているともいわれている。

それに伴い、加湿器が各所で品薄状態だともニュースで報じられていたっけ。

私も部屋に湿度計を置いて、温度と湿度を随時チェックしている。

インフルエンザや風邪を予防するには、湿度を50%~60%台に保つのが理想的といわれている。

なので、部屋の中でストーブをつけているときには、水を入れたやかんをストーブの上に置いて水蒸気を部屋中に送ったり、エアコンをつけているときには、その傍らで洗濯物を部屋干しにしたりしている。

何だかんだで部屋干しが一番楽な加湿のしかたかも。洗濯ものも乾くし一石二鳥だから。

しかし、自宅ならば湿度のコントロールが比較的自由にできるだろうが、職場や学校などの外出先だとなかなかそうはいかない。

こういうときは、マスクをしてのどや鼻を乾燥から守ったり、10分置きぐらいにお水をひとくち飲むなど、こまめに水分補給をしてのどを潤したりしている。

⑤むやみに外に出ない

人混みに近づかない。用事がある時以外は外出しない。

これもひとつの予防策になると思う。

無数のウイルスがうじゃうじゃと居そうな場所に、何もわざわざ足を運ぶ必要などないだろう。

スーパーへ買い物に行くときはセールなどの混雑時を避けるとか、平日の空いている時間帯に出かけるとか、自分なりに工夫できることがあるはず。

私はもともと引きこもり気質なので、ある意味それが功を奏しているのかもしれないけど。

引きこもり最高!!

インフルエンザの予防接種は受けるべき?

インフルエンザの予防接種は必ず受けよう!という声が多くある一方で、その有用性を疑問視する声も聞かれたりと、賛否両論があるインフルエンザ予防接種について。

私の個人的な意見は、「必要だと思うのなら、受けておけば良いんじゃない?」といったところだろうか。

正直私自身もその年によって受けたり受けなかったりと、かなりまちまちなところがあるので。

昔、接客業に就いていた頃は、やはり不特定多数の人と交流する機会が多かったので、わりと率先して予防接種を受けていたけど、ここ数年は自宅で過ごすことが多くて外出する機会が減っているため、予防接種を積極的には受けていない。

様々な意見があると思うが、自分が必要だと思うなら受ければいいし、副作用や身体への影響が心配で予防接種を受けるのは抵抗があるというのなら、無理に受けることもないかと。

どっちにしろ自己責任だから。

基本を怠らないことが一番の予防策!

ここまで無駄に長くなってしまったが、もしかしたらインフルエンザ予防に有効かも?と思われる生活習慣について、つらつらと述べてきた。

上記の対策をすれば完璧だとは全く思っていないし、これまでに一度も罹ったことが無いからといって、今後もインフルエンザに感染しないという保障もない。

むしろ今までかかったことが無くてその実態をよく知らないからこそ、恐怖心が人一倍強いのだ。

でもインフルに限らず、あらゆる感染症を未然に防いで健康な毎日を送りたいという思いは、いつまでも変わることはない。

だから自分に無理なく出来る予防策を日常的に取り入れながら、今後も対策を講じていきたいと思う。

 

【こちらの記事もよく読まれてます!】紅茶がインフルエンザ予防に効果的ってウソ?ホント?↓ 

www.karin-lifelog.com