カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

Googleのコアアルゴリズムのアップデートでアクセス数が減った!これから行うべき対策とは

この記事をシェアする

f:id:karingoya:20190317000648j:plain

2019年3月に入ってから、Googleアルゴリズム変更が頻繁に行われているようで、3月13日には、Googleの公式Twitterにて大幅なアップデートが実施された旨を公表している。(全部英語なので各自で訳して頂ければ)

 

 

これによりサイトの検索順位が大きく変動し、アクセス数収益などにも影響が出てきているブロガーさんが少なからずいるようだが、皆さんのブログはいかがだろうか?

アクセス数が半分以下にまで落ち込んでしまったりと、かなり致命的なところまで行ってしまった人もいる一方で、逆に順位が上がって喜んでいる人もいるようで…

当ブログにも来ましたよ、このアップデートの波が。

 

Google神のアップデートによるアクセス数の変化

この一報を聞いて、私が真っ先に確認したのはアクセス解析。

当ブログの近々のアクセス数は、一日あたり500PV以上は何とかキープできていて、調子が良い時は800~900前後ぐらいまで上昇していた。

しかし、Googleからのアナウンスがあった3月13日を境に、棒グラフが分かりやすく右肩下がりに。

一日のアクセス数が、およそ100~200ぐらい減少してしまった。

f:id:karingoya:20190316223640j:plain

Twitter界隈の噂では、「脱毛」や「ペット」などをテーマとしているサイトが特に大きな影響を受けていると言っていた気がするけれど、うちみたいなごちゃ混ぜブログでも、その影響は避けられなかったらしく。

Googleアナリティクスやサチコ(サーチコンソール)などでも、改めてアクセスの動向を確認してみたが、全体的に順位は下がっているものの、検索1ページ目に何とかしがみつくことができた記事もいくつかあったので、その点ではある意味救われたかもしれない。

検索エンジンに左右されないコンテンツを生み出すには

今回のGoogleの大幅なアップデートで私も少なからず影響を受けたわけだが、思ったよりは楽観的に捉えている自分がいる。

むしろ私は、2017年12月に行われた「健康アップデート」の時のほうが、精神的なダメージが大きかった。

医療・健康系のコンテンツを扱うWebサイトの大規模な順位変動が起こり、大手企業の公式ホームページや専門的な資格を持つ人が監修・運営するサイトが上位表示されるようになり、個人が運営するブログやアフィサイトなどは軒並み圏外に飛ばされる事態となった。

私も当時健康をテーマとしたブログを運営していて、サプリメントのレビュー記事なんかを多く扱っていたので、アクセス数も収益もみるみる激減してしまって動揺が隠せなかったのを今でも鮮明に覚えている。(ちなみにそのブログは、現在はほぼ放置)

そのときと比べたら、このブログが受けたダメージなんて大したことないし、むしろここ最近ブログの更新をサボってるから、もっとアクセス数が減少しても何ら不思議ではないのに、よくぞここまで粘ってくれたなと思う。

ブログを運営する側にとって検索流入は、ある程度のアクセス数を維持するために欠かせない存在であることは確かだが、検索エンジンに全てを頼ってしまうのは、それなりにリスクを伴う。

ネットの世界は移り変わりが速いし、アルゴリズムの変動による影響は、どこのフィールドにいたとしても避けられないもの。

日々刻々と変化していく環境に左右されないようにするには、やはりネットユーザーが求める良質な記事を書いて、コンテンツを充実させていくこと。

あとは、変化を見極めて冷静に対応できるよう常にスキルの向上に努め、どんなことが起きてもへこたれない精神力を磨くことだと、私は思う。

Google様の気まぐれにいちいち翻弄されていたら、ほんとに身が持たないから。

落ちるとこまで落ちたら、あとは上がっていくだけ!

そう思いながら、前を向いて歩いていけばいいのだ。