30代シングル女子のシンプルライフ

アラフォー世間知らず女の暮らしかた改造計画。

本棚の整理整頓と断捨離は想像以上に重労働。目指すはオール電子書籍化

f:id:karingoya:20181104160223j:plain

今日は、断捨離について。

私はそんなにたくさん読書をする方ではないけれど、本屋に行って気になる本や雑誌を見つけると、ついつい買ってしまう。

一時期は自己啓発本にハマっていたことがあって、何かしらの本をむさぼるように読んでいた記憶がある。

そうした生活を送っていると、気付けば狭い本棚がいっぱいになっていて、置き場所に困るなんてこともあった。

 

定期的に本の断捨離を実行。在庫整理をする

そんなときは思い切って、本棚に眠る書籍や雑誌の在庫一掃セールを行う。

古本屋さんへ持っていったり、宅配買取などをお願いしたりすると、ほんの少しだがお小遣いの足しにすることができる。

メルカリヤフオクなどに出品するのも、高く売るためには良いのかもしれないけど、出品や発送などの手間を考えると、そこまではあまり気が進まないかな。

まあ買取してもらうのも面倒なら、資源回収リサイクルに出すのもアリだと思うし、自分に合った方法で断捨離するのが一番だろう。

私もでっかい段ボールにぎっしり本を詰めて宅配買取に出したり、地域の古紙回収に出したりしながら断捨離を積み重ねていき、最終的に約20冊ほどの本が手元に残った。

f:id:karingoya:20181030160348j:plain

これはその一部だけど、まだまだ数を減らせそうな気がするな。

本を増やし過ぎないための対策

これからはできるだけ、家の中に置いておく本の数を減らしていきたい。

そのためにはどうすれば良いか考えてみた。

まずは何といっても、必要な本以外は買わない。

私は時間つぶしをしたいときなど、フラっと本屋に立ち寄ることが多い。

そこで、陳列棚いっぱいに積み上げられた本のタイトルやPOPに書かれた魅惑的なキャッチフレーズに、ついつい踊らされてしまう。

「これは中身が気になる!読んでみたい!」と思ったら負けだ。

なので、まずは何の目的もないのに本屋に寄っていく癖を改めようと思う。

余計な出費が嵩むだけだし、また本の断捨離に貴重な時間を費やさなくてはならなくなる。

本屋に行くときはあらかじめ買いたい本をピックアップしていこう。

そして、本を断捨離したいと思ったらなるべく早めに実行する。

私の場合、本を一度読んだらそれで満足してしまう傾向にあるようで、後から何度か読み返す本は意外と少数に限られてくることに気づいた。

なので余分な在庫を増やさないためにも、一度読んでもう必要ないなと思ったら早めに手放すことにする。

長いこと本棚に眠らせたままにしておくと、自分では保存状態が良いだろうと思っていても、知らないうちに本の紙質が変化してくたびれていることが多いからだ。

ところどころ変色していたり少し破れているだけで、仮に買取の査定に出したとしても、ものすごい安い金額になってしまったり、時には買取不可になってしまうこともある。

できるだけ状態の良いうちに断捨離をすれば、そんな悲しい思いをしないで済むだろう。

目指すは完全ペーパーレス化

本の断捨離というのは、意外と時間も費やすし労力がいるもの。

その数が増えれば増えるほど、買取に出すのも何もかも地味に力仕事になる。

なので私は、紙の本から電子書籍に少しずつ移行していきたいと考えている。

電子書籍だと読みづらいし目が疲れる…と思うこともあるが、紙の本と比べると価格が割安なものが多いし、何より物が増えない、かさばらないというのがメリットでもある。

ミニマルな読書ライフを実現するために、自分なりに工夫をしていきたいと思う。