カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

ダイソーのバスマットが予想以上に使いやすい!しかしデメリットもある?

f:id:karingoya:20181115223252j:plain

毎日の入浴タイムのたびにネックになっていたこと。

それは『バスマット洗うのメンドクセー』問題。

お風呂上がりに使う足拭きマットって、無いと不便なんだけど、洗濯するのに地味に手間がかかる。

服とかと比べると厚手だから、洗濯機に入れるとすぐ満杯になるし、しかも乾きにくいし。

この一連の作業がすごく面倒に感じて、つい洗濯するのを後回しにしてしまう。

そんなズボラな私を救ってくれたのが、100均ダイソーで購入したバスマット。

これが意外すぎるほど使いやすくて、日々重宝しているのだ。

 

ダイソーのバスマットにはこんなメリットが!

こちらが実際に使用しているマイクロファイバーバスマット。最近また新しく買い替えたんだよな。

f:id:karingoya:20190109011803j:plain

最初に買ったとき、価格が100円ではなくて300円だったような気がしたけど、これはふつうに108円だった!私の単なる記憶違いだったみたい。

サイズは縦40cm×横60cmと、まあ大きすぎず小さすぎずといったところ。

このバスマットを使ってみて良かったと思う点は、何よりもまず洗濯が楽チンということ。

従来のバスマットと比べるとかなり薄手なので、他の衣類などと一緒に洗濯しても嵩張らない。

そして、生地がマイクロファイバーなので速乾性に優れている。

洗濯して一日干しておくだけで十分に乾いてくれるから、毎日洗濯するのも苦にならないのだ。

こまめに洗うことができれば衛生的に保てるし、何より気分が良い。

もちろん吸水性も申し分なく、バスマットとしての役割もしっかり担ってくれる。

ここだけはちょっと…というデメリットも

ただ、このバスマットにもやはりデメリットがある。

それは、足を拭くときにヨレやすかったり、めくれやすかったりすること。

f:id:karingoya:20190109012435j:plain

生地が薄くて軽いため、どうしても安定性には欠けてしまう。

あとは、やはり毎日のように洗濯していると、生地が傷みやすくなったり耐久性がなくなってくる面はあるかな。こればかりは仕方が無いと思うけど。

トータルで見ると使い勝手は申し分ない足ふきマット

最近のバスマットは素材もいろいろで、お手入れがしやすいものが多くなっている傾向にあると思う。

珪藻土でできたバスマットなんかは、もはやお洗濯要らずだったりもするし。

バスタオルと同じく、お風呂上がりのきれいな身体を拭くためのものだけれど、衛生面はやはり気になるので、普段からなるべく清潔にして使いたいものでもある。

ダイソーのバスマットは値段もお手頃だし、お手入れも比較的簡単なので、洗い替えをいくつか持っておいても良いぐらいかも。

もしバスマットをお探しならば、100円ショップのものも選択肢のひとつに入れてみてはいかが?