30代シングル女子のシンプルライフ

アラフォー世間知らず女の暮らしかた改造計画。

服をミニマル化したいなら収納スペースそのものを見直すべき

f:id:karingoya:20181018213044j:plain

私はファッションというものには、さほど関心がない。

女性向けファッション雑誌などはあまり読まずに生きてきたので、ファッションセンスなんぞこれっぽっちも磨かれないままだし、何分ズボラな性格なもので、毎日コーデとかを考えるのすらも面倒くさく思えてしまう。

最低限のTPOに配慮しつつも、みすぼらしさを出さないように気を付けてはいるが。

私の場合は、あまりたくさん服を買っても着こなせずに終わるだけなので、私服の所持数をなるべく減らすように努めている。

 

超地味なアラフォーの服の収納場所とは

私の今使っている自室は、4畳半+押入れの和室。

築40年以上のかなり年季が入った家でリフォームもろくにしていないので、クローゼットなんて洒落た収納スペースなどあるはずもない。

なので、組み立て式のハンガーラックとプラ製の衣装ケース数個が、私の衣類たちの収納場所だ。

f:id:karingoya:20181018215229j:plain

見よ。この女子力皆無のワードローブを。

大々的に公開するまでもないので、あえて一部のみ撮影してみた。

黒やネイビーなどの落ち着いた色味が好みなもので、どうしても地味子テイストのラインナップになってしまう。

こればかりはもう仕方がない。

収納をミニマル化すればムダが削ぎ落されていく

20歳そこそこの若い頃は、もう少し服の量が多かった気がするけれど、今の家へ引っ越しをする際に断捨離をした。

部屋が狭くて収納スペースがどうしても限られてくるので、そうせざるを得なかったという方が正しいだろうか。

着る服が無さ過ぎて困ったりしないだろうかと最初は不安だったが、意外と最小限の服の量でも、それなりに着回していけることが分かった。

まあ、着回しと言えるほどコーディネートのパターンが多いわけでは無いけど、引きこもりアラフォー女だから、そこまでオシャレしなくても何ら支障はないし。

逆に服の量が多いと、さらに収納グッズを買い足さなければいけなくなるし、場所も取るし、タンスに眠ったままになってしまう可哀想な服が出てきてしまうだろう。

でも最初から収納スペースを最小限にしておけば、その範疇で収まり切る服の量を見極めつつ、目の行き届く範囲で管理ができるので、買ってそのまま一度も着なかった服がタンスの奥から出てくるなんてことも無くなるだろうし、バーゲンやセールなどで無駄な買い物をすることも減っていくだろうと思う。 

お金の節約にもつながるし、結構メリットが多いかも?

制服化を実施してミニマルなファッションを楽しみたい

というわけで、衣類収納のミニマリズムについて、少しばかり語ってみた。

ファッションに無頓着であるがゆえに、気付けば自然とミニマル化していたという感じだが、まあこういうのも悪くない。

私服の制服化なんていうのもミニマリスト界隈では割と常識みたいなので、その辺も究めていけたらと思っている。