カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

Amazonプライムを騙る迷惑メールが届いて危うくクリックしそうになった件。その巧妙な手口とは

この記事をシェアする

f:id:karingoya:20190107170813j:plain

インターネットメールを利用していると、時たまやってくる厄介者『迷惑メール』

どこからメールアドレスなどの個人情報が漏洩しているんだ?と、あらゆる方面を疑いたくなるほど、スパムメールが届くたびに嫌な気持ちが押し寄せる。

近年はパッと見、迷惑メールだと分からないぐらいに巧妙な文面になっているものもあって、実に紛らわしい。

私もつい先日、ある1通のメールに困惑させられる出来事があった。

 

一瞬本物?と錯覚させるような迷惑メールに唖然

私のメールアドレス宛に届いたのは、【Amazonプライム】を名乗るメール。

その中身を証拠画像として残そうとスクショしたので、ここは思い切って公開してしまおう。(何か不都合があれば削除するかもしれないけど)

f:id:karingoya:20190107162800j:plain

内容を大まかにまとめると、「Amazonプライムの会員の更新時期がもうすぐ迫っているが、登録しているクレジットカードの有効期限が切れているので、もう一度確認して登録し直してくれ」というものだった。

Amazonのロゴが使われていたり、いかにも最もらしい文面が綴られているので、一瞬本物だと信じてリンクをクリックしそうになったが、「いやいや、プライム会員は少し前に解約したはずだぞ。」と冷静に思い直し、我に返った。

そして改めてよく見ていくと、

  • メール冒頭の宛名が氏名ではなく、メールアドレスがそのまま記載されていたこと。
  • 送信元の名称が『Amazon緊急事態』となっており、アドレスのドメイン名がAmazon公式のものではなかったこと。

これらの不審な点があったことから、迷惑メールであると判断するに至った。

さらにスクロールしていくと、こんな文面が出てきて。

f:id:karingoya:20190107162853j:plain

これは英語と中国語と見られるが、おそらく上記の日本語の文面を訳したものなのだろう。

こんな文章が綴られていること自体が、そもそもおかしいっつーの。

というわけで、私はすぐさま迷惑メール報告をしてから、ゴミ箱行きにした。

はい、さようなら~。

迷惑メールに騙されないように気を付けよう!

この後に一応アマゾンの公式サイトにログインして、プライム会員の登録状況やクレジットカードの支払情報などを確認したが、先程のメールに記載してあったような事実は無かった。

実は登録していた支払い情報の中に、もうすぐ有効期限を迎えるクレジットカードがあったため、一歩間違えたらまんまと騙されるところだった。

皆さんはくれぐれもこういった迷惑メールに惑わされないように、そして安易にメールのリンクをクリックして開かないよう、ご注意いただきたい。

Amazonの公式ヘルプページでも、詐欺と思われるメールやSMSを識別する方法について呼びかけをしているので、こちらもぜひ参考に。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon.co.jpからの連絡かどうかの識別について

しかし、迷惑メールはあの手この手で忍び寄ってくるから、本当に腹立たしいったらありゃしない!