カリンライフログ

アラフォーおひとりさま女性目線で綴る、世の中のあれこれ考察ブログ

月曜日に憂鬱になる原因はサザエさん症候群?予防するための方法を考える

f:id:karingoya:20190103232838j:plain

本日は月曜日

今日から仕事学校が始まり、通常どおりの生活に戻るという方がほとんどだと思うが、休み明けというのはどうにも身体のだるさを感じたり、気分が上がらなかったりするもの。

私も昔から連休明けはテンションがかなり低めで、「あー、今日から仕事(学校)かぁ…」なんて、誰から見てもすぐ分かるぐらいに気分がダダ下がりになっていたものだ。

朝の通勤通学ラッシュの時間帯に、満員電車に揺られて出かけなければいけないと考えただけで、ズキズキとする頭痛が襲ってくるほど。

しかし、この休み明け特有の憂うつ感は、いったい何なんだろうか?

 

『サザエさん』を観ると気分が落ち込む?

月曜日になると決まって、どんよりと憂鬱な気持ちになる。

なかには頭やお腹が痛くなったりなど、メンタル面だけでなくフィジカル面にも不調が現れてしまう。

このような症状の総称を、一般的に『ブルーマンデー症候群』と言う。

日曜日の夜に放送されるサザエさんを観たあとに、明日からの仕事や学校のことなどが頭をよぎって気分が落ち込む…なんて人も多いことから、別名『サザエさん症候群』とも呼ばれている。

ブルーマンデー症候群を引き起こす原因と改善策は?

ブルーマンデー症候群に陥る主な原因は、平日と休日の生活リズムに『ズレ』が生じるから。

休みの日は平日よりも朝起きる時間が遅くなったり夜更かしをしてしまったりと、生活のリズムが何かと狂ってしまいがち。

それによって通常の生活パターンとのズレが大きくなればなるほど、体内時計が狂うなどの影響が出てきて、しまいには心身にも様々な弊害が生じてしまうのだ。

では、これらの心や体の不調を予防・解消するために、我々はどのような対策をとっていけば良いのか。

私自身も実際に試してみた改善策を、これからいくつかピックアップしていこうと思う。

①朝日を浴びて体内時計をリセットする

体内時計のリズムを正常に戻すには、朝起きてすぐに太陽の光を浴びることが有効な手段のひとつ。

朝日を浴びることは『セロトニン』という幸福ホルモンの分泌を促すので、気分を上向きにするための重要な要素となるからだ。

逆にこのセロトニンが不足すると、うつ病などのさまざまな不調を誘発する原因となってしまうことがあるので、気を付けたいところ。

まばゆい朝日のパワーをしっかり吸収して、スッキリとした気分で一日のスタートを切ろう。

②オシャレをして出掛けてみる

これは特に女性の方が実践しやすい方法だと、私は思う。

休日のショッピングで購入した洋服を新しくおろしてみたり、メイクをいつもより丁寧にしてみたりなど、いつもの通勤スタイルに少しだけ違うテイストを取り入れてみるのだ。

こうすることで自然と気持ちも上向きになるだろうし、職場や学校でも「あれ?○○さん、いつもとちょっと雰囲気違わない?」なんて注目を浴びちゃうかも。

③仕事のハードルをちょっと低めに設定する

休み明けで、完全な仕事モードにスイッチが切り替わっていないところで仕事量を増やしたり、無理なミッションを自分に課したところで、かえって仕事の効率が悪くなるだけ。

こんなときは出来る範囲で難易度の高いハードな仕事は控えめにして、簡単な作業だけに集中するなどの、ひと工夫をしてみると良い。

自分だけでは手に負えない仕事は、思い切って他の人に助けを求めるなど、とにかく無理をしないのが一番!

④自分に何かご褒美を!

いつもの時間より早めに家を出て、おしゃれなカフェで朝食をとってみたり、ランチを少し贅沢なメニューにしてみたりなど、自分のココロとカラダが喜ぶようなご褒美を用意してみるのも良いだろう。

週末まで頑張るための活力源になること間違いなし!

最後にまとめ

ここまで、休み明けに起こりがちなブルーマンデー症候群(サザエさん症候群)の原因と対策について、ひと通りまとめてきた。

休み明けに憂鬱な気分になるのは、何もあなただけではない。

これを書いている私自身もそうだし、ご家族やお友達、職場の上司や同僚など、周りの人々のほとんどが、案外おんなじ思いをしているかもしれない。

自分だけ元気もやる気も出ないなんてダメな奴だな…とか思ってしまうと余計に落ち込んでしまうけれど、休み明けでだるいのはみんな一緒!と思うだけでも、何だかちょっと頑張れるような気がしないだろうか?

無理のないペースで徐々に気持ちを切り替えながら、上手に休み明けの憂うつ感を吹き飛ばしていきたい。